2017.12.13おかあさんのカラダ

整体で楽になりました

トコちゃんベルト着用指導(+セルフ体操)&マタニティ整体

を受けに来た下さったのは、

今回、2人目の出産になる16週のNさん。

 

お1人目のお子さんは

36時間かかって、ようやく出産。

疲れ果てたからだが回復する間もなく

すぐに始まる24時間営業の育児。

抱っこしていないと泣いてしまう赤ちゃん。

 

はじめての出産・育児が本当に大変だったので

今回、妊娠中に「何か出来ることはないかな」と思って

いろいろ調べた結果

骨盤ケアや、まるまる育児のことを知りました。

 

Nさんは、ベルトの試着をしてみて

トコちゃんベルトⅡを購入されました。

それから、マタニティ整体も受けられました。

「背中が痛かったのが、楽になりました

とのことで、症状が改善して何よりでした

 

お母さんの姿勢やからだのゆがみによって

子宮が下がったり、傾いたり、かたくなったりすると

切迫早産の症状が出てくることもありますし

子宮内の赤ちゃんも良い姿勢にはなりません。

すると、赤ちゃんが、顎を胸に引き付ける姿勢が取れず

子宮の軸と、胎児の軸がそろわないことで

「お産が長引いたり」

「産まれた赤ちゃんが反りかえってしまったり」

「おっぱいを上手に飲めなかったり」

といった困りごとも起こりやすくなります。

 

Nさんは、左右の腸骨の高さや

大転子の位置に、左右差がありました。

それから

自前の筋肉や靭帯の「ささえる力」が十分ではなく

トコちゃんベルトで

骨盤を支持するお手伝いをすることが必要でした。

今後、子宮が大きくなってくると

トコちゃんベルトのダブル巻きや

子宮を、さらしで「ささえあげる」ことも必要になるかもしれません。

 

さて、骨盤ケアのお約束

「あげる」「ささえる」「ととのえる」

のうち、「ととのえる」は、とても大切です。

「ととのえる」ための体操は、いくつもありますが

背骨の柔軟性を高めるためには

『ネコ体操』がとても効果的です

 

Nさんは背骨を反らす姿勢は得意でした☟

 

でも、丸まる姿勢は、苦手です(-_-;)

初めは、こんな感じ・・・・☟

でも、体操をしたら、ちょっと丸くなれました。

 

目標はこれくらい丸くなることです☟

 

 

整体で整えたら、それをキープすることが必要。

そのためにも、セルフ体操は、毎日続けることが大切です。

そして、日常の『姿勢』も、負けず劣らず、重要です。

妊娠・出産は体力勝負。

姿勢を良くして、インナーマッスル使いましょう。

Nさん、頑張って下さいね(*^-^*)

Page Top 診療予約・お問い合わせ